2016年09月12日

スペーシア購入 その6 買い取り専門店

9月6日(火)午前10:30

 Y自動車にて、「本当に廃車にしますか。だったら、

廃車はこちらで行いますので、その手数料分引いて貰えませんか。

じつは、別の販売店で165万円丁度が出ています。

合わせて貰えれば、こちらで購入します。」

買い取り専門店で、査定が1万円でも付けば、儲け物という気持ちでした。

「多分大丈夫だと思いますが、社長と相談します。」

11時から、汗を大量にかいて、タントの荷物を降ろし、掃除機をかけました。

午後1時、背の高い女性が査定にやってきました。

「内装がきれいですね。」という言葉に期待していたのですが、

いろいろ30分以上見た挙げ句、「査定は0です。」

「でも、もしここで、即決希望価格があれば、会社と交渉します。その代わり、

その価格が出たら、契約して下さい。」と言うので、

ちょっと無理かなと思いつつも、「17万円なら」と言ってみました。

「なぜ17万円なのですか。」と聞かれたので、「ナビクルの査定が、

年式と走行距離で、5.1万円から17.5万円とあったので、17万円に

しました。」と伝えると、「わかりました。」と自分の車に戻っていきました。

待つこと10分。「ピンポーン」に出ると、先程のセールスレディさんが「申し訳ありません。

1万円です。」「では、他をあたります。」と別れました。

午後2時30分 Y自動車で、ETCを外して貰いました。

午後3時 上越大通りを走っていると、D社さんから、「どうしましたか。」と

催促の電話。「今、そちらに向かっています。」と3時10分頃到着。

早速、査定をして頂くと、「他はいくら位を出していますか。」と聞かれたので、

「全社同じ条件で査定をして頂いています。精一杯の価格を出して頂き、一番高い所に

買い取って頂きます。」

「では、7万円でいかがでしょう。これで候補に残れますか。」 

「候補には残りました。最後にG社で査定して頂き、結果は必ずお知らせします。」

「こちらの価格は言わないで下さい。7万1千円で買い取られてもきついので。」

「先程も申し上げたように、言いません。同じ条件で査定して頂きます。」

そして、最大手のG社へ。

上越市・妙高市に、住みたい方は ⇒ http://www.sanremo-kikaku.com/
家電付きアパート、貸家が格安。



posted by サンレモ at 05:00| Comment(0) | 地域の商店 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください