2016年09月06日

スペーシアの購入 その1 タント断念

上越市のオートバックスさんとコバックさんのご紹介です。

8月19日 タントの車検を通すべく、ツルツルのタイヤを

ハンコック製の最安値の新品タイヤに交換し、ラジエターの水とオイル、

オイルエレメントを交換しました。上越のオートバックスで合計約27,000円。

上越市のオートバックスさんで、丁寧に説明してくれた上、

「ターボ車ということを見落としており、高級なオイルに替えさせて頂きました。

代金は、そのままで結構です。」と感動のお言葉を頂き、大感激。

確かに、その後燃費が1割程良くなしました。

気分良く、これで、車検が安く上がると、9月1日に予約していたコバックへ。

8:45に予定通り、コバックへ車を預け、代車の新車のミラで町を走っていると、

お昼頃、コバックから着信が有りました。

「詳しく見させて頂きましたが、総額30万円以上かかります。」とのこと。

35万円で買ったタントRS4WDターボで、2年後30万円の車検代を払うのは、

余りにももったいなく、気に入っていたタント君ではありましたが、

「車検を止めます。」と乗り換える決意をしました。

コバックに検査料として、3,240円払いました。

廃車にするなら、上記3万円は、捨て金になってしまいます。

タントの車検は9月21日迄しかありません。

このタント、買ったすぐにマフラーが外れ3万円。

その後は、案外調子良く、故障も無く走ってくれました。

途中でDVDを読み込まなくなり、ナビが使えなくなったり、

エンジンのチェックランプが点灯しっぱなしになったりはしましたが、

私が一度ぬかるみにはまった以外は、JAFのお世話にならなかった優れものでした。

しかし、車検前の整備3万円と合わせ、総額41万円でたった2年間しか乗れなかった

ことになります。

軽の4駆の中古車は、割高という言葉を身にしみて感じました。

タントRS4WDターボを新車で買っていれば、154万円程。

11年間に平均10万円の車検を4回通して約200万円。

新車で乗って11年間なら、1年当たりで18万円で済んだはずです。

中古で人が乗った後の10年目、11年目を1年間20万円とは。とほほ・・・です。

よし、新車を買おう。

9月21日迄の短期決戦の始まりです。

続く。

上越市・妙高市に、住みたい方は ⇒ http://www.sanremo-kikaku.com/
家電付きアパート、貸家が格安。


posted by サンレモ at 21:01| Comment(0) | 地域の商店 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。